遠隔地の調査を依頼する場合

この記事をシェアする

調査日時を指定し稼働を最小限に

調査費用の大半が尾行調査等に費やす人件費です。
それでは、自分が住んでいる地域ではなく、遠く離れた土地での調査を依頼しなければならなくなった場合はどうでしょう。
調査を、事務所のある地域から離れたところで行う場合、旅費や宿泊費などが費用として追加されるのは明白です。
また、日程が増えればその分費用も増えていきます。
そういった場合は、日程を絞ることで費用の圧縮が期待できます。
例えば浮気調査で、ご主人の出張のタイミングで調査を依頼する場合。
自宅を離れる日程は事前に決まっているわけですから、その日程に絞った依頼をすることができます。
この場合、行程表などを手に入れている場合は、よりポイントを絞った依頼ができるでしょう。
調査を依頼する際には、丸投げするだけでなく、依頼者もスムーズな調査ができるよう、持てる限りの情報の提供を試みることで、結果、費用圧縮や、調査結果の満足度を上げることにつながります。

全国に支店のある大手に依頼する

最近の大手事務所であれば、全国に多数の支店を構えている事務所もあります。
やむを得ず遠隔地での調査を依頼するに際しては、こういった大手の事務所に依頼をするのも選択肢の一つでしょう。
遠く離れた事務所から職員を依頼する場合の旅費や宿泊費などの経費が圧縮できますし、土地勘がある現地の職員であれば、調査自体の作業効率、結果の精度も期待できます。

実際に調査を依頼するにあたり、自分の望む完全な証拠をつかむ上で、残念ながら100%の結果は難しいかもしれません。
事前にしっかり相談して、懇意になって対応してくれる事務所を選びましょう。
個人的な秘密を共有するのですから、信頼性が一番となる依頼であることを認識しておきましょう。